歯列矯正・外科矯正・小児矯正なら大阪 梅田の大西矯正歯科クリニックへ 大西矯正歯科クリニック Smile For ALL, All For Smile

お子様の矯正治療(小児矯正)child

小児の矯正治療

子供の頃から矯正治療を始める目的

大人になってからでも矯正治療は充分可能ですが、大人になってからだと歯の萌え変わりや顎の骨の成長が無いため、治療に制約が出てきたり、治療が複雑になる場合があります。子供の時期は様々な要因によって、歯並びや成長が良くない方向にずれていってしまう可能性があります。
小児矯正の目的は、子供の頃から歯並びや顎の骨の成長発育をコントロールし、正常な成長に導いていくことにあります

気になる歯並びは早めにご相談を

歯並びは様々な要因によって悪くなってしまう可能性があります。小さなお子様をお持ちの親御様は以下の点に注意してチェックしてください。気になるポイントがございましたら、お早めにご相談ください。

口腔筋機能訓練(MFT)について

子供の時期は、歯の萌え変わりや骨の成長の途中ですので、変化を起こしやすい時期でもあります。特に歯の周囲にある唇や舌の影響を受けやすい時期です。口腔筋機能訓練ではこれらの歯の周囲器官の調和を取り、歯並びを正常な成長発育に導きます。詳しくは口腔筋機能訓練をご覧ください。

歯列矯正を始める時期について

治療はいつ頃から始めたらいいのかと疑問に思われる親御様も多いと思います。歯の萌え変わりや成長のスピードはそれぞれのお子様によって異なります。また、歯並びの状態もそれぞれのお子様によって異なりますので、治療を開始するのに適した時期もそれぞれのお子様によって変わってきます。小さな頃から定期的に検診させていただければ、最適な時期に治療を開始することができます。

治療の方法について

第1段階の治療は、まだ成長が残っている時期(主に小学校低学年から中学校低学年まで)の治療で、主として永久歯が並ぶ隙間の確保や顎の骨の正しい成長への誘導、口の周囲の筋肉の調和を図る口腔筋機能訓練、日常の姿勢や歯磨き指導等の生活指導を行います。装置は主としてムーシールドなどの取り外し可能な装置を使用します。
第2段階の治療は、成長のピークが過ぎてからの治療(主に中学校高学年以降および高校入学後)で、緊密な歯並びと咬みあわせを作る最終的な治療を行います。装置は主としてブラケット装置(詳しくは装置のご紹介をご覧ください)を使用します。
第1段階の治療で永久歯が健やかに萌えそろう為の土台作りを行い、第2段階の治療で完全な歯並びと咬みあわせを作り上げます。

診療のご予約、お電話でのお問合せはこちら

06-6372-8254

PCサイトに切り替え