歯列矯正・外科矯正・小児矯正なら大阪 梅田の大西矯正歯科クリニックへ 大西矯正歯科クリニック Smile For All, All For Smile

マウスピース矯正(インビザライン)invisalign

これまでの矯正治療では、歯にブラケット装置を接着してワイヤーで力をかけないと歯を動かすことができませんでした。インビザラインは取り外し可能なマウスピースの装置で、食事や歯磨きの時は取り外すことが可能なため、非常に衛生的で虫歯や歯周病のリスクを大幅に減らすことが可能です。インビザラインは透明ですので、着けていてもほとんど目立ちません。

マウスピース矯正(インビザライン)について

透明のマウスピースでほとんど目立ちません

インビザラインは透明のマウスピースの装置ですので、ブラケット装置に比べ目立ちにくく、見た目にはほとんどわかりません。また裏側装置のように歯の裏側に出っ張りが着くことがないため、舌の違和感が少なく、発音発語に影響が少ないです。

取り外し可能なため、非常に衛生的

インビザラインは患者さん自身で取り外し可能なため、食事や歯磨きの時は外していただきます。普段通りに食事や歯磨きを行うことが可能なため、非常に衛生的です。ブラケット装置に比べ、虫歯や歯周病のリスクを大幅に低減することができます。

原則として食事・歯磨きの時以外は1日中装着

インビザラインは原則として1日中装着する必要があります。食事・歯磨きの時はインビザラインを外していただいて構いませんが、1日20時間以上(理想的には22時間)の装着が必要です。装着時間が短いと、装置が合わなくなりインビザラインの再作製が必要になったり、治療が予定通り進まず、治療期間が伸びる原因になります。

治療期間はブラケット装置と同等か早く終わることが多い

インビザラインは原則として10日に1度のペースで新しいトレーに変えていきます。それを繰り返していくことにより、少しずつ少しずつ歯を動かしていきます。指示を守って1日中しっかりとインビザラインを装着していただければ、治療期間はブラケット装置で治療するのと同等か早く終わることが多いです。

すべての症例に適応可能なわけではありません

インビザラインはブラケット装置と遜色なく治療することが可能ですが、すべての症例に適応可能なわけではありません。場合によっては、ブラケット装置と組み合わせて治療を行う場合や、インビザラインでは治療できない場合もあります。インビザラインで治療可能かどうかは、実際に口の中を診させていただかないと判断できませんので、インビザラインでの治療をご希望の方は、お気軽に初診相談にお越しください。

診療のご予約、お電話でのお問合せはこちら

06-6372-8254

PCサイトに切り替え